Sante Franc (サンテフラン) 輝き続ける毎日に

フリーダイヤル 0120-310-250

受付時間 平日9:00~18:00
(土日祝お休み)

Mail:info@santefranc.jp

マイページ Facebook Twitter

COLUMUN

綺麗なカラダづくりの味方 大豆ペプチド

ピクノジェノールプラスには、大豆ペプチドが含まれています。大豆ペプチドについてご紹介!

大豆ペプチドとは

ペプチドとは、アミノ酸が数個つながった構造を持ち、アミノ酸とたんぱく質の中間の性質を持つ成分です。
サイズの大きなたんぱく質では、体内で消化吸収されるまでに、分解するための時間が掛かりますが、ペプチドはすでに分解されているため、素早く効率よく体内に吸収すると言われています。また、体内には、大豆ペプチドをそのまま吸収する特別な入り口があるため、アミノ酸よりも身体に吸収されるスピードが速いのです。
また、大豆ペプチドは、9種類の必須アミノ酸がバランス良く揃っていると言われています。

大豆ペプチドの働き

「脳の疲れがとれる」「身体の疲労が回復する」など、脳にも身体にも嬉しい効果があると言われおり、トップアスリートからも高い人気を得ています。
身体の基礎代謝を上げ、体脂肪の燃焼を促進することから、ダイエット効果でも注目を集めています。
皮膚のコラーゲンに必要なアミノ酸が若返りの原料となり美肌効果を得ることが出来ます。
肝臓の働きを高めて疲れにくい身体づくりを助けます。
ストレスホルモンを抑制する効果なども期待されます。
免疫力をアップさせるアミノ酸の成分「アルギニン」「グルタミン」が含まれているため、日々の健康な身体づくりもサポートします。
大豆ペプチドに含まれる「アリシン」が悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすという、コレステロールの抑制効果も認められています。

大豆ペプチドを含む食品

大豆ペプチドは、納豆・味噌・醤油などの大豆発酵食品に含まれますが、含有量はごくわずかだと言われています。また、大豆そのものや豆腐などには含まれていないと言われます。

美肌と健康のために

美と健康のあらゆる面で私達をサポートしてくれる大豆ペプチド。大豆ペプチドの含まれたピクノジェノールプラスで美肌と健康を目指しましょう!

最新コラム一覧

2019年も大変お世話になりました。

2019年サンテフラン年内営業最終日となりました。   新時代「令和」という元号に変わった5月から気付けばもう12月。 あっという間に一年が終わろうとしています。 皆様にとりましてどんな一年だったでしょうか?   昨年に続き、台風や地震、大雨など 日本各地で災害の相次いだ1年でしたね。 サンテフランに関わってくださるお客様や会社様から 被害の現状をお聞きする機会もあり、胸を痛めた1年でございました。 まだまだ復興が進んでいない地域もあると思います。 一日も早く穏やかな日常を取り戻されます[…]

Read more

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます!   本日1月7日よりサンテフラン2019年の営業を開始させて頂きます。   昨年も、お客様はじめ、たくさんの方々に支えて頂きました。 本当に素敵な方々との出逢いに恵まれ、 サンテフランはなんて幸せな会社だとスタッフ一同噛み締めております。 感謝の気持ちでいっぱいでございます。   2019年は、支えてくださる皆さまに少しでもご恩返しできるように、 私たちと関わってくださるお客様や関係者の方々、 おひとりおひとりのことを想い、誠実に、まっすぐ[…]

Read more

2018年も大変お世話になりました。

2018年サンテフラン年内営業最終日となりました。   2018年は日本各地で災害の相次いだ1年でした。 サンテフランに関わってくださるお客様や会社様の中にも被害に遭われたお客様がおられ、 胸を痛めた1年でございました。   そんな中でも、皆様変わらずご愛顧くださり、 また、新たにたくさんのお客様に出逢わせて頂きました。   サンテフランは今年もたくさんのお客様に支えて頂きました。 本当に本当にありがとうございました。   私達サンテフランは、サンテフラン製品は、 皆様[…]

Read more

お届け封筒リニューアルのお知らせ

こんにちは。サンテフランです。 いつもサンテフランをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。   この度、メール便でお届けさせて頂いておりますお荷物の発送用封筒がリニューアル致しました!   今までの、配達中に形が崩れてしまったり、雨に濡れてしまうといった心配を払拭するために、 今回厚紙の封筒で作成致しました。   伴いまして、デザインも変更させて頂いております。 長くご愛顧頂いておりますお客様にとりましては、 馴染みのない封筒で困惑なさるかもしれませんが、 新し[…]

Read more

過去のコラム一覧